2022.5.25に記事を更新しました。

【体験談】派遣社員の暮らし メリット・デメリット

仕事

こんにちは。
OLのmisato(@kamiya_xxx_chi)です。

私が派遣社員で事務として働き1年が経過しました。

そこで派遣事務として働いてみて気づいたメリット・デメリットをまとめました。

結論から言うと派遣社員で事務職という働き方はワークライフバランスがとれるので
・本業以外に副業がある人
・趣味に時間を多くとりたい人
・仕事以外に夢がある人
・転勤したくない人

にはとてもおすすめしたい働き方です。

派遣社員で事務職という働き方に興味がある人に私の体験談が参考になれば幸いです。

派遣社員とは

そもそも派遣社員とはどのような雇用形態であるか皆さんは知っていますか?

派遣社員とは、人材派遣会社と雇用契約を結び、他の企業に派遣される社員のことです。

例えば筆者は現在リクルートスタッフィングに登録をしてそこから他の企業に派遣され働いています。

そして筆者は実際に働いている企業との雇用関係はなく、派遣元であるリクルートスタッフィングと雇用関係にあります。

その為、給与の振り込みや健康診断の案内、有給休暇の付与は雇用関係にあるリクルートスタッフィングが行っています。

筆者
筆者

イメージとしては筆者と派遣先の企業の間に派遣会社であるリクルートスタッフィングが入る形ですね!

メリット

派遣社員の事務職として働いて感じたメリットは下記です。

・大手有名企業で働ける
・人間関係がシンプル
・仕事の責任が重すぎない
・転勤や出張が無い
・自分らしいスタイルで働ける

筆者
筆者

1つずつ解説していきます。

大手有名企業で働ける

正社員ではなかなか働けない大手有名企業でも派遣社員だと募集が多数あります。

例えば筆者が登録しているリクルートスタッフィングではお仕事検索条件に大手企業があるので
お仕事探し時に条件にいれて検索をかければ大手企業の求人のみ見ることが出来ます

実際に筆者も今の派遣先は大手有名企業で働いています。
正社員では入れない企業で周りの方のレベルも高いので日々、
良い刺激を受けながらお仕事をしています。

人間関係がシンプル

派遣社員はあくまで派遣会社からその会社に派遣されている社員であり自社の人間ではありません。

その為、社内のレクリエーションや飲み会への参加はほとんどありません。

筆者も今まで2社、派遣社員として働きましたが今の所、飲み会に呼ばれたことはありませんし、
業務外でも煩わしいお付き合いも一切ありませんでした。

仕事の人とはビジネスライクな関係でいたい人には派遣社員という働き方はオススメです。

仕事の責任が重すぎない

派遣社員という働き方は法律で同じ派遣先に働けるのが3年以内と定められています。

その為、仕事内容も補助的な仕事が多く、その多くにはマニュアルがあったり
ルーチンワークであったりします。

筆者も今まで経理事務と庶務を経験しましたが、部署のアシスタントやサポート的な仕事が多く
仕事の責任は正社員時代のSEと比べると軽め
でした。

なので仕事とプライベートは分けてメリハリのついた働き方をしたい人にはオススメです。

転勤や出張が無い

派遣社員は契約で仕事内容が大まかに決められるのではじめに出張ありという契約ではない限り出張はありません

また、あくまで派遣会社から派遣されている社員の為、派遣先指示による転勤もありません

筆者は転勤をしたくない人の為、転勤がないという働き方はとても魅力的でした。

自分らしいスタイルで働ける

派遣社員という働き方は派遣先を探す時にある程度派遣会社に要望を伝えてお仕事を探したり、自分自身で検索条件を細かく選んでお仕事を探すことが出来る所がメリットです。

例えば筆者は今の職場を探す時に下記のような条件で探しました。
・事務職
・在宅勤務可能な職場
・最寄駅から電車で30分以内の職場
・大手IT企業

正社員だとここまで細かく希望は通らないことも多かったのですが(筆者転職時に経験済)
派遣社員だと通ることも多い希望です。

上記のような希望で今の派遣会社に登録した所、今の職場の求人をオススメされ
求人にエントリーしたら無事に内定を頂けました。

正社員の事務職希望で転職活動をしていてなかなか内定が頂けない人は
一度派遣社員という選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

デメリット

派遣社員の事務職として働いて感じたデメリットは下記です。

・賞与が無い
・雇用が不安定
・収入が不安定

筆者
筆者

1つずつ解説していきます。

賞与が無い

派遣社員は正社員と違って賞与がありません。
賞与は時給に含まれていて先払いされているからです。

その為、同じ事務職でも正社員の事務職と派遣社員の事務職では賞与分、年収が違ってきます。

高収入を求める方には派遣社員という働き方はあまりおすすめできません

雇用が不安定

派遣社員という働き方をするとどうしても契約の更新が発生します。

一般的に派遣社員は3か月ごとの更新制というところが多いので場合によっては更新をされずに契約が3年未満で終わることもあり得ます。

そうするとまた新たに派遣先を探さないといけなくなるので手間がかかります。

1つの企業で長く働きたい方は正社員をおすすめします。

収入が不安定

派遣社員は時給制の為、土日や祝日が多い月は給料が少なくなります。

毎月、給料が固定の正社員と違って派遣社員は月によって給料が違ってくるので収入が不安定です。

まとめ

今回は、派遣社員の事務職として働いてみて気づいたメリット・デメリットをまとめました。

派遣社員の事務職という働き方はワークライフバランスがとれ
自分らしいスタイルで仕事が出来る働き方です。

また、経験があれば高い時給の仕事につけたり
職場環境を選びすぎなければ未経験職種にも挑戦できる働き方ですので、
気になる方は挑戦してみてくださいね☆★

それでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました