2022.5.25に記事を更新しました。

【体験談】大手IT企業の事務職として3か月働いてみた感想

仕事

こんにちは。
OLのmisato(@kamiya_xxx_chi)です。

今回は社会人3年目OLの私がIT企業の事務職として3か月働いてみた感想を紹介したいと思います。

あなた
あなた

IT企業の事務職に興味がある…

という方は本記事を読めばOK!

筆者の実体験をもとに働いてみた感想を紹介しているので
あなたにとっての答えが見つかると思いますよ。

筆者
筆者

それでは早速見ていきましょう~

3か月働いてみた感想

IT企業事務職に転職してから3か月が経ちました。

3か月働いてみて感じたことは下記です。

・月のスケジュール感が大まかに把握できるようになった
・上司から新規のタスクが追加されるようになった
・インフラの方からの依頼が増えた

筆者
筆者

1つずつ解説していきます。

月のスケジュール感が大まかに把握できるようになった

今の仕事は8月に着任し、1か月の引継ぎを経て9月から独り立ちをしています。

9月は毎日のタスクを教えられた通りにこなすのに精いっぱいだったのですが、
10月は3か月目だったので9月と比べて1つ1つの仕事に慣れ
俯瞰して見れるようになりました


そうすると気づきは増えていくもので、
業務はいつが忙しのかが月を通して分かるようになりました。

私の業務が忙しいのは主に月初と月末です。
月初は請求書関係の処理が多く、月末はお客様とのやり取りが多いです。

その分、月中は落ち着いていてタスクが少なめです。

その為、いつ行ってもよい仕事はなるべく月中に行うようにしています。

上司から新規のタスクが追加されるようになった

今までは庶務としての業務が中心でしたが
私が仕事に慣れ空き時間が増えて来たので
上司から新規のタスクが追加されるようになりました。

主に上司は管理の仕事をしているので
私に追加されたタスクはその延長が多いです。

内容としてはシステム障害の報告書に対しての意見を求められたり
システム開発に対しての品質管理の書類に対して
意見を求められる
ことが多いです。

私はもともとIT企業でSEをしていたので理解できるIT用語もありますが、
初見で分からないIT用語もあるので意味を調べつつ対応しています。

少しずつではありますが、新しいことを知れる業務は知的好奇心がわくわくします。

インフラの方からの依頼が増えた

今までもたまに契約書の送付等々庶務業務としての依頼はあったのですが、
最近は開発用の端末の検品やセットアップ等、庶務業務以外の依頼が増えました

もちろん、マニュアル等はあるので困ることも少なく
しかし、いつもの庶務の業務と違って少しエンジニア寄りの仕事ができるので
昔のSE時代を少し思い出すような感じがします笑

今後もこのような仕事の依頼は増えるそうで
どのような依頼がされるのか少し興味津々です。

今後の目標に対しての経過

前回の仕事の記事で今後の目標を計画しました。
前回の記事はこちら↓


前回たてた目標は下記です。↓

・今の職場で時給をupさせる
・簿記2級を取得する
・副業を始める

上記に対しての経過を報告していきます。

今の職場で時給をupさせる

現状、8月から時給は変わっていませんが、11月に2回目の面談があるので
そこを狙ってお仕事を意欲的に取り組む
つもりです。

前回の記事にも書いた通り、現状、仕事に慣れ手が空く時間が増えて来たので
つど、上司に報告をしあれば仕事をもらうようにしています。

この働きかけは継続していく予定です。
※今回の記事にも書いた通り以前よりは新規のタスクが上司から追加されるようになりました。

簿記2級を取得する

年内の取得に向けて簿記2級を現在勉強中です。

9月の時と比べてテキストでの勉強が進み問題集に移行したので
このまま勉強を続けていきます。

副業を始める

現状、副業はまだ始めていないです。

直近、年内は厳しそうです。
前回の記事でも書いた通り、始める条件は簿記2級の取得後になるので
まずは簿記2級の取得に全力を尽くしその後、理想は来年の1月から
副業を始められたら
と考えています。

副業をする場合で2か所以上からの給与の所得がある場合かつ年20万以上の場合,
確定申告が必要になるのでそちらもいろいろ調べていきたいです。

まとめ

今回は社会人3年目OLの私がIT企業の事務職として3か月働いてみた感想を紹介しました。

IT企業の事務職に興味がある方に参考になれば嬉しいです。

それでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました