2022.5.25に記事を更新しました。

【実体験】低収入でも2年で250万円貯めた筆者の節約術5選

暮らし

こんにちは。
OLのmisato(@kamiya_xxx_chi)です。

今回は低収入な筆者が2年で250万円貯金した節約術を5つ紹介します。

どれも簡単な方法なので貯金を増やしたい方は是非試してみてください。

筆者
筆者

筆者も学生時代は浪費家で貯金はほとんどしていませんでした。
貯金は苦手な方にも参考になる方法をいくつか紹介するので
参考にしてみてくださいね☆

貯金の目的と目標を決める

貯金の目的と目標の決め方について説明します。

貯金をする際にただただ毎月決まった額を貯めるより、
貯金の狙いがはっきりするとモチベーションも上がりやすいのでおすすめです。

貯金をする際、考えるべきことは以下です。

・目的→何のために貯金するのか
・金額→合計いくら、月々いくら貯金するのか
・期間→貯金する期間はどのくらいか
・方法→どのように貯金するのか

上記を設定すると今何のために貯金をしているかがわかるので貯金も継続しやすくなります。

筆者
筆者

筆者は将来の暮らしの為に250万円を2年間で積立貯金と普通預金で貯金しました。

貯金の仕組みを作る

貯金が苦手な人ほど、給料から生活費やお小遣いを引いて残りを貯金している人が多いです。

そんな人におすすめしたいのが先取り貯蓄(積立預金)です。

積立預金のメリットは以下の通りです。

・毎月決まった額を貯金できる
・給料から自動で天引きできる
簡単に下せないのでお金が貯まりやすい

積立預金は普通預金と違って決まった期間が過ぎないと簡単にはお金を下せないので
貯金が苦手な人でも強制的にお金を貯める事ができます。

筆者
筆者

筆者も普通預金にお金があるとついつい使いすぎるタイプだったので
積立預金はとても重宝しました。。。

固定費を減らす

最近はサブスク等々月額定額制のサービスも多い為、気づいたら固定費が多くなっている方も多いと思います。

固定費は毎月必ずかかるお金なので、優先順位をつけて必要なものにお金を使えるといいですね。

筆者は固定費に関して2つの工夫をしました。

携帯代を見直した

携帯会社をソフトバンクからLINEモバイルに変更しプランも見直しました。

変更点は以下の通りです。

ソフトバンク→LINEモバイル

データ容量:50GB→10GB

5分間かけ放題プラン→かけ放題なし

大手キャリア→格安SIM

月々の料金:8,000円程→3,000円程

大手キャリアから格安SIMに乗り換えて月額5,000円程安くなりましたが、
Wifiや4Gの速度も特に不満無く使い心地は良いです◎

筆者
筆者

もともと筆者が月々使用しているデータ容量は7GB程だったので
思い切って携帯会社とプランを変更しました。

サブスクを解約した

趣味で契約していたAdobeのクリエイティブクラウドのフォトプラン月額1,078円を解約しました。

理由としてはコロナで写真を撮りに行く頻度が減ったことiPhoneの写真の編集機能が充実したことが挙げられます。

筆者
筆者

携帯会社の見直しとサブスクの解約で
月々6,000円の固定費を削減することが出来ました◎

趣味をお金のかからないものにする

私の趣味はブログを書くこと、本を読むこと、おしゃべりをすることです。

上記の3つの趣味をするときに下記のように少し工夫をしています。

ブログを書くこと→キャンペーンを使用しドメイン代は無料
         サーバーも比較し月額400円以下の物を使用。

本を読むこと→読みたい本が出来たらまずは図書館で探し、
       無い場合のみレンタルもしくは中古の本を購入


おしゃべり→前は友人とごはんに行ったりカフェに行っておしゃべりをしていたが
      最近はLINEで電話

筆者
筆者

工夫の中でとくにおしゃべりは対面から電話に切り替えることで
大きく節約
できました。

ポイ活をする

私は移動でポイントが貯まるトリマ毎日の広告利用で楽天ポイントが貯まるPointScreen
レシートのスキャンでポイントが貯まるLINE CONOMI でポイ活をしています。

筆者
筆者

ポイ活については下記記事に詳細があるので
気になる方は見てみてください~。

毎日継続してポイ活をすると私の場合は月々2,000円分程、貯まるので
貯まったポイントは自分へのご褒美に使っています。

まとめ

今回は低収入な筆者が2年で250万円貯金した節約術を5つ紹介しました。

5つとも誰でも出来る簡単な方法なので、貯金を増やしたい方は
是非試してみてください★☆

それでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました